インプラントフィクスチャー

  • ストローマン
  • ノーベル
  • アストラ
  • 京セラ POI

 

 

ストローマン

スタンダードインプラント

Standard implant

Straumann® スタンダード インプラントは機械研磨のネック部分の高さが2.8 mmで、1回法に適しています。

補綴コンポーネントはsynOcta®およびソリッドアバットメント補綴システムから選択できます。

 

特長

 

2.8mmの研磨面

生物学的幅径を考慮したデザイン

骨頂の上に位置するマイクロギャップ

1回法に適した最適軟組織レベルのインプラント

 

優れたスレッドデザイン

生体力学的安定性と耐久性を考慮したデザイン

スレッド形状とピッチのデザインによる咬合力の分散

均一な応力分散による骨維持と長期的審美を実現

1回法に適したインプラント

 

代表的な臨床症例

スタンダードインプラント

前歯部

 

臼歯部

強く推奨

隣接歯との近遠心的距離が狭い

 

薄い粘膜

 

厚い粘膜

強く推奨

骨移植を伴う埋入

 

 

サブマージ治癒

 

ノンサブマージ治癒

強く推奨

抜歯即時埋入

 

 

ソケットリフト

推奨

 

ストローマン デンタル インプラント システムを使用する場合は、弊社が発行するベーシックインフォメーションや製品に添付されている添付文書を熟読の上、ご使用ください。さらに、十分な知識と使用経験のある歯科医師の指導を受けることを強くお勧めします。

ノーベル

製品紹介

インプラントシステム

ノ ー ベルバイオケアは、さまざまな症例および骨のタイプに対応する骨レベルや組織レベルの製品を通じ、ユーザーの経験値と治療コンセプト(1回法および2回法、即時負荷、早期負荷、遅延負荷プロトコ ー ル)に対応しています。 インプラントは、小径で短いものから多様なサイズ展開があり、アバットメントのコネクションは3種類のタイプがあります。

One material

マテリアル

純チタンは、生体親和性と骨との親和性に優れ、医用機器、特に歯科器具の業界標準材料となりました。ノーベルバイオケアは20年以上、化学的に安定した純チタンでインプラントを生産しています。

タイユナイト

ノーベルバイオケアは2000年、特許取得の酸化チタン表面:タイユナイトを有する製品を発売しました。タイユナイトによりチタン製インプラントの骨伝導性が向上し、骨形成が促進されることによりインプラント埋入後の初期固定性が向上すると報告されています。

多数のミクロな孔を有する酸化チタン層が、血中タンパク質を吸着し、血小板の活性化、フィブリンの維持によって骨との強固なインテグレーションを促進します。

タイユナイトについての詳細はこちら

ヒトに埋入したインプラント表面と骨の8.5ヶ月後のSEM像
提供:Dr. Peter Schüpbach and Dr. Roland Glauser

図1:タイユナイト・インプラントの初期固定値の変化図2:タイユナイト・インプラントの長期的な固定性の維持

Two drilling protocols

2つのドリリング・プロトコール

2つのインプラント埋入プロトコールでは、ドリルステップがシンプルかつ明確です。

テーパード

カラーコードによりインプラント径毎のプラットフォームが容易に識別できます。ドリリングはステップ・バイ・ステップで行います。

ストレート

軟らかい骨質でも高い固定性が得られ、緻密骨ではパッシブフィットが得られます。シンプルなドリル・ステップです。

Three connection

3つのコネクションタイプ

ノーベルバイオケアのインプラントは、アバットメント・コネクションにより3種類に分類されます。

エクスターナルヘキサゴン

このコネクションは、アバットメントによって補綴修復における角度選択の幅が広く辺縁歯肉が薄い症例に適しています。

インターナルトライチャネル

手の感触により3方向のアバットメントのポジショニング調整が可能で、プラットフォームはカラーコードにより容易に識別できます。

インターナルコニカル

独自の補綴物装着方式:ヘキサゴナル・インターロッキングとプラットフォーム・シフティングのそれぞれの特徴を組み合わせた、デュアル・ファンクション・コネクションです。
コニカル装着により均 一 な負荷分布が得やすくなります。また、プラットフォーム・シフティングは軟組織の良好な維持と、優れたエマージェンス・プロファイルを獲得しやすくします。

アストラ

 
商品開発コンセプト
アストラテックインプラント 自然と調和して機能する
商品開発コンセプト

  •  
商品開発コンセプト
インプラント治療の成功とは、

・長期に変化しない機能
・長期に変化しない審美
 辺縁骨の維持
 健康なインプラント周囲組織


なぜボーンロスを受け入れるの?
なぜボーンロスを受け入れるの?

インプラント治療において長期的に審美を成功させるには、インプラント周囲の辺縁骨レベルを維持するための軟組織の構造と組織の安定が絶対の必要条件です。
正常な状態では自然治癒力がその仕事の大部分を行います。アストラテックインプラントシステムでは、自然に正常な状態を提供するようになっています。システムの全てのパーツは信頼できる臨床の成功のために共に働きます。
実際、本システムにはライバルが存在しません。辺縁骨の完璧な状態と健康な軟組織の維持に関してドキュメントの結果がそれを証明しています。

LESS IS MORE

私たちはギャップを見つけました
-古い真実を見直す時です

LESS IS MORE

患者のために良好な長期治療結果をどのように獲得しますか?
1986年以来の歯科用インプラントの治療成功に関する標準的基準は、今日実現可能なことを反映していません。
先生や患者が20年前に設定された基準に基づき1.5ミリメートルの辺縁骨喪失を受け入れるべき理由はありません。
様々な研究によってアストラテック インプラントシステムでの平均辺縁骨レベル減少が5年間で僅か0.3ミリメートルであることが認められています。

ギャップを埋める時です。

アストラテック インプラントシステムでの辺縁骨レベルの維持
研究・科学・記録に強く焦点を当てている我々は、我々のシステムに関する辺縁骨レベルの維持について長年にわたり追跡してきました。そして、アストラテックインプラントシステム周囲の辺縁骨レベルが非常に良好に維持されることが分かりました。

* アストラテック インプラントシステムレベルは、2008年4月に行った文献サーチにより
 レントゲン的データを発表している40篇以上の公表文献からのデータに基づく.
** 以下に基づく標準的基準
 Albrektsson T., et al., Int J Oral Maxillofac Implants 1986;1(1):11-25
 Albrektsson T. and Zarb G.A., Int J Prosthodont 1993;6(2):95-105
 Roos J., al., Int J Oral Maxillofac Implants 1997;12(4):504-514

● 標準的基準
グラフの赤線は歯科インプラント治療に関連して受け入れられる辺縁骨喪失の標準的基準を表しています。その数字は上記の3つの異なる文献に基づいています。
受け入れられる辺縁骨喪失は荷重1年間で1.0ミリメートルより少なく、その後の数年間は年0.2ミリメートルより少ないとそれらの文献は述べています。その後、辺縁骨レベルが安定し、その結果、5年後の辺縁骨喪失はおおよそ1.5ミリメートルであると述べられています。

● アストラテック インプラントシステムレベル
40篇以上の公表された文献を合わせると、アストラテック インプラントシステムを使用したときの平均辺縁骨レベル減少が荷重1年間で0.3ミリメートルであることを示しています。その後、その骨レベルは安定します。
文献からの結論は、アストラテック インプラントシステムの平均辺縁骨レベル減少が 0.3 ミリメートル - その結果は現行の5年後の標準的基準と比べ少なくとも4倍のパフォーマンス指標です。

数字の裏にある事実
2,000名以上の患者がそれらの公表文献に含まれています。そして、前述したように、辺縁骨レベルの変化は荷重1年間で-0.3ミリメートル、それが5年後同じレベルで維持されていることがその結果により示されています。しかし、我々のデータをまとめて現行の標準的基準とアストラテック インプラントシステムレベルを比較した時に、バーをさらに高く上げることを決めました。
高い科学的価値があることに加えて、我々はアストラテック インプラントシステムの文献が満たさなければならなかった5つの重要な基準を加えました。

  • レントゲンによる評価研究
  • 前向き研究
  • MicroThreadTM付きインプラント
  • 完全な研究コホート
  • 標準インプラント外科術式の使用
    (造成テクニックや抜歯窩インプラント埋入に関する研究は含まれていない)

基準を設定する会議の後、以下の12編の文献が残りました。それらは1年、2年、3年、5年のフォローアップ期間を有するおおよそ400名の患者を代表しており素晴らしい結果が確認されました。 1986年、1993年、1997年の文献の著者の一人であるTomas Albrektsson, Professor of Biomaterial Research at the Sahlgrenska Academy, University of Gothenburg,Sweden, にアストラテック インプラントシステムのデータを紹介した時、彼がプレスリリースで以下を話しました*。

“Astra Tech implants に関して記録されている限られた辺縁骨吸収は、1986年以来の我々の古い”基準“を再検討する時期であることを示唆している。
新しい基準は、おそらく、現在成功として受け入れられている骨吸収の50%かそれ以下しか許されるべきではない。”

Prof. Tomas Albrektsson

確かに、新しい基準を設ける時です。

12編の選ばれた アストラテック インプラントシステム文献

京セラ POI

POIとは

POI…Physio Odontram Implant
サファイア人工歯根で培われた経験に基き、1989年、POIシステムが開発されました。
POIシステムは、生体親和性の高い、高強度のチタン合金を表面処理し、システムの多様化を実現しました。すでに20年以上にわたり多くの歯科医師に採用されています。

材質

(引用文献)元永三、糸瀬正通、張在光、水上哲也、林美穂著
POI SYSTEMの臨床 クインテッセンス出版 2001
ASTMF67-95,F136-92

チタン合金(Ti-6Al-4V合金)
耐食性に優れ、生体内での安定性が高く、高強度であるチタン合金を採用。口腔外科や整形外科の分野で広く用いられています。


表面性状

プラスト表面

ブラスト処理
チタン表面をブラスト処理することにより、骨との接触面積と骨結合量を増加させることで骨との固定力を高めています。


FINAFIX(ブラスト+陽極酸化処理)

酸化層断面の模式図

FINAFIXは陽極酸化処理によって、表面に135~140nmの酸化層を施しました。
これにより、口腔内での審美的な調和などの優れた特性を持っています。


FINATITE(ブラスト+HAコーティング)

HAフレーム溶射法

従来の10,000℃以上という超高温によるプラズマ溶射法ではHAの分解が生じます。
FINATITEではプラズマ溶射法と比較して低温の約3,000℃という条件でHA〔Ca10(PO4)6(OH)2〕を溶射可能なフレーム溶射法を採用しました。

Pattern Diagram of HA Flame Spraying Process

安定したHAの組成

理論値 FINATITE
1.67 1.66

溶射されたアパタイトのCa/P比は1.66と理論値の1.67に極めて近い組成を実現しました。また、熱処理後の結晶は55%で、良質かつ安定しており、優れた生体親和性を有しています。


平気厚み20μmのHA皮膜


アパタイトコーティング
された表面SEM像

FINATITE周囲骨組織像
( トルイジンブルー染色)

資料提供:東京歯科大学歯科保存学 第一講座

HAはインプラント母材表面の粗造面に対して、平均厚み20μmと非常に薄く溶射され、付着強度の向上が図られています。


初期におけるチタンとHAコーティングの骨固着力の比較


資料提供:再建歯学研究所(1995)
東京歯科大学歯科保存学第一講座(1996)

チタン合金及びHAコーティングの骨固着力を検討する目的でそれぞれの素材を家兎に埋入し、その回転除去トルク値を経時的に計測しました。
右表に示すとおり、HAコーティングされたフィクスチャーは早期に骨固着していることがわかります。


HAコーティングされたチタン製フィクスチャーと陽極酸化処理されたチタン製フィクスチャーの初期骨伝導能の比較

組織標本の全面画像を画像分析ソフトを用いて処理し、術後2週、4週、8週での新生骨組織と材料表面の接触面を抽出して、骨との接触面積を計測した。
HAコーティングされたチタン製フィクスチャーは、陽極酸化処理されたチタン製フィクスチャーに比べ、埋入後2週、4週、8週いずれにおいても接触面積率が高いことがわかります。
8週のSEM画像からも石灰化の進んだ緻密な新生骨がHAコーティング層と充分に結合しているのが確認されました。

※bone contact rate:
(骨が繊維組織を介さずにインプラントに直接接する部分の長さ)÷(骨とインプラントとの界面の全長)×100

骨とHA コーティングおよびインプラントの接触を示すSEM画像
(8週)