歯ぎしりの検査

歯ぎしりの分類はブラックスチェッカーという装置で判断しております。

歯ぎしりの自覚がない方も多いと思いますが、99%の方が歯ぎしりをしていると報告されております。

 

歯ぎしりの時間は平均40分ほどですが、個人差はあります。また、日によって歯ぎしりの程度も変わります。

 

そのため、検査をするとなると大掛かりな装置や期間が必要でしたので、気軽に検査ができませんでした。

 

近年、ブラックスチェッカーというマウスピースが開発されて、簡単に歯ぎしりの状態を確認することができるようになりました。

 

ブラックスチェッカーは薄いマウスピースに赤い塗料が塗布されています。寝るときに歯に装着して寝ると歯ぎしりした時に接触した部分の塗料がはがれて白く見えるようになります。

 

歯の接触した部分が歯ぎしりの際に行われるかみ合わせになります。

 

かみ合わせによって、良い歯ぎしり悪い歯ぎしりの判断をしております。


ブラックスチェッカーの治療例

歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 

                                                                                                                                                                     

歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。             
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。                                                                                             

     


ブラックスチェッカーに関するブログ

歯ぎしりは良いこと?悪いこと?

歯ぎしりは良いこと?悪いこと?

ぎしりが原因で歯や顎に問題が起こるため、歯ぎしりは歯科にとって良くないものと評価され、歯ぎしりをなくすための方法も考えられてきました。

 

しかし、近年、歯ぎしりはストレスの解消のために非常に重要な働きをしていることがわかってきています。よくストレスがたまったことが原因で病気になることがありますが、歯ぎしりはそういった病気になることを予防していると考えられております。

 

ただ、歯ぎしりをすることで歯には負担がかかりますので、良いかみ合わせで歯ぎしりをする必要があることがわかってきています。

 

歯ぎしりをする際のかみ合わせを検査することで、良い歯ぎしりをしているのか悪い歯ぎしりをしているかを判断することができます。

 

ブラックスチェッカーという装置を使用することで、歯ぎしりの診断が容易にできるようになっています。

 

ブラックスチェッカーに関しましては、下記のリンクページをご覧ください。

ブラックスチェッカーの詳しいページ

 

悪い歯ぎしりをしてしまっている場合は、かみ合わせの治療を行ったほうが良い場合もあります。