歯ぎしりの検査

歯ぎしりの分類はブラックスチェッカーという装置で判断しております。

歯ぎしりの自覚がない方も多いと思いますが、99%の方が歯ぎしりをしていると報告されております。

 

歯ぎしりの時間は平均40分ほどですが、個人差はあります。また、日によって歯ぎしりの程度も変わります。

 

そのため、検査をするとなると大掛かりな装置や期間が必要でしたので、気軽に検査ができませんでした。

 

近年、ブラックスチェッカーというマウスピースが開発されて、簡単に歯ぎしりの状態を確認することができるようになりました。

 

ブラックスチェッカーは薄いマウスピースに赤い塗料が塗布されています。寝るときに歯に装着して寝ると歯ぎしりした時に接触した部分の塗料がはがれて白く見えるようになります。

 

歯の接触した部分が歯ぎしりの際に行われるかみ合わせになります。

 

かみ合わせによって、良い歯ぎしり悪い歯ぎしりの判断をしております。


ブラックスチェッカーの治療例

歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。 

                                                                                                                                                                     

歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。             
歯ぎしりの検査はブラックスチェッカーで行っております。                                                                                             

     


ブラックスチェッカーに関するブログ

歯軋りで歯が折れるってホント?

歯が折れるっていうと、硬いものを噛んだとか、歯をぶつけたと言ったことを想像される事が多いのではないかと思いますが、実際に歯が折れてしまう原因は歯ぎしりです。

 

歯ぎしりでは、体重の4倍と言われる力が歯にかかる場合もありますので、歯の接触具合いが悪かったり治療などで弱ってしまっている歯の場合、歯が折れやすくなります。

犬歯の差し歯が折れてしまっています。
犬歯の差し歯が折れてしまっています。

歯が折れて土台が外れている差し歯のお写真です。

 

差し歯が外れてしまってご来院されましたが、歯の根っこにヒビが入ってしまって感染を起こしてしまっているため、歯を抜くことになってしまいました。

 

 


歯ぎしりで歯を折らないためにするべきことは

歯ぎしりによって奥歯にヒビが入りやすいのはイメージしやすいかと思います。これは、前歯に比べて奥歯の方が噛む力が強いからです。

歯軋りをしている時に歯に力が加わると割れやすくなります。歯軋りをする際に、噛む力は歯の根元に向かって大きく力がかかり歯はしなる様な力がかかります。

歯にしなる力がある部分に集中するとその部分から歯にヒビが入り、折れてしまいます。

また神経を抜いて差し歯が入っている場合や、詰め物をしている場合、また、虫歯でご自身の歯が薄い場合は、その部分が割れやすくはなります。

多くの場合、悪い歯軋りをしておりますので、噛み合わせの改善が必要となる場合があります。

歯軋りをしても安全な噛み合わせに関しましては下記のリンクページをご覧ください。

歯軋りのダメージが少ない噛み合わせのページ


ただいま咬合治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっておりますのでご連絡ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

0332513921

歯ぎしりで歯の付け根が削れる?

歯軋りをした時にかかる力は、歯の接触部分が削れてしまったり、歯の側面の歯がかけて削れてしまったりします。

 

下のお写真は、歯ブラシが原因で歯茎が下がってしまったり、側面が削れてしまったというわけではありません。歯軋りによって噛む力が歯の構造上、歯と歯茎の境界部分に集中してしまう事が知られています。

 

これをアブフラクションと呼んでいます。

歯ぎしりの力で歯の側面が削れてしまった状態をアブフラクションと言っています。
歯ぎしりの力で歯の側面が削れてしまった状態をアブフラクションと言っています。

無料カウンセリングお問い合わせ

噛み合わせの治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

お口の状況などを確認させていただいたうえで、必要な検査のご説明、疑われる状態のご説明などをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

歯ぎしりは良いこと?悪いこと?

歯ぎしりは良いこと?悪いこと?

ぎしりが原因で歯や顎に問題が起こるため、歯ぎしりは歯科にとって良くないものと評価され、歯ぎしりをなくすための方法も考えられてきました。

 

しかし、近年、歯ぎしりはストレスの解消のために非常に重要な働きをしていることがわかってきています。よくストレスがたまったことが原因で病気になることがありますが、歯ぎしりはそういった病気になることを予防していると考えられております。

 

ただ、歯ぎしりをすることで歯には負担がかかりますので、良いかみ合わせで歯ぎしりをする必要があることがわかってきています。

 

歯ぎしりをする際のかみ合わせを検査することで、良い歯ぎしりをしているのか悪い歯ぎしりをしているかを判断することができます。

 

ブラックスチェッカーという装置を使用することで、歯ぎしりの診断が容易にできるようになっています。

 

ブラックスチェッカーに関しましては、下記のリンクページをご覧ください。

ブラックスチェッカーの詳しいページ

 

悪い歯ぎしりをしてしまっている場合は、かみ合わせの治療を行ったほうが良い場合もあります。


無料カウンセリングお問い合わせ

噛み合わせの治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

お口の状況などを確認させていただいたうえで、必要な検査のご説明、疑われる状態のご説明などをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

悪い歯ぎしりとは?

あなたのかみ合わせは歯軋りをする度に歯にダメージを与えているかもしれません!

 

近年、歯軋りが歯周病の進行や歯のヒビ、虫歯などに影響を及ぼしていることがわかってきています。

 

特に、歯軋りした時に奥歯が接触するかみ合わせが歯に悪いことがわかっています。(グループファンクション、非作業側の接触と言ってます)

 

こう言った歯軋りをしているかどうかは、寝ている時に検査する必要があります。(日中歯軋りをしている方もいますが、通常は寝ている時に歯軋りをしております。)

 

下のお写真は歯軋りのタイプを確認するブラクスチェッカーという装置です。赤い食品に使用されている塗料を薄いマウスピースにつけて一晩睡眠中に装着していただくことで歯軋り跡が目で見てわかるようになります。

 

お写真の白く見える部分は歯が歯軋りで接触している部分です。青い点は診療所でずらさずに噛んで歯が接触する部分です。

 

青いマークの部分以外の白く色が抜けている部分が歯軋りをした時に接触する部分になります。

 

お写真では、歯軋りした時に奥歯に接触があり、歯軋りする際に非常に強い力が歯や顎の関節にかかることがわかります。


ただいま咬合治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっておりますのでご連絡ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

0332513921